読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【別人】にはなれないけれど、【性格】は変えられる。

性格は、身についてる【クセ】。

行動や考えのクセの積み重ねが

その人の性格となる。

 

「犬」と聞いて、

かわいい

と思うのも

こわい、苦手(;д;)

と思うのも、

 

待ち合わせの

5分前に到着するのも

ギリギリに到着するのも

 

その人の性格が現れている。

 

それは小さいに時に言われたことに

影響を受けている。

自分で選んだわけじゃない。

 

1つ1つについて、

イチイチ考えていられない。

脳の「自動運転」がクセ。


車なんて、

ほとんど

考えずに運転する。

ペーパードライバーの時は、

右折するだけでドキドキ。

ハンドルを切って、

元に戻すのも

全力投球で、

グルグル回す(゚Д゚;)

慣れると、

何にも考えずに

運転しながら、

夕日がキレイ!

と、周りを見る余裕もある。

 

 

 

「あの人になりたい!」

と言ってる人も、

本当に

幽体離脱して、

その人の身体に乗り移りたい!

と言ってるわけじゃない・・・はず。

 

あの人の

・コトバ

・姿勢

・考え方

・行動

あるいは、単に

・実績

・結果

を自分も手に入れたい、

と思ってるだけ。

 

「あの人みたいになりたい」と

あこがれるのも、実は、

「不安」の裏返しで、

「あの人みたいになりたくない」と

いう人を同時に作り出す

腹黒い考え方ʅ(◔౪◔ ) ʃ

 

※参考記事(一番下にもリンクあり)

yearpick.hatenablog.com

 

別人になる方法

幽体離脱して乗り移る方法

は知りませんが、
(興味ある人は専門の方へどうぞ)

自分の性格は、クセなので、

工夫すれば変えられる

 

 

性格を変える方程式は、

インパクトの強さ×繰り返し

 


今日から、

・怒らないようにしよう!

・怒る前に、相手が

「なぜそうしたか」を

考えてみよう!

と思っても、

外に出たら忘れる。

用事が済んで帰宅したら、

思い出す。

 

最初は、そんなもんヾ(´▽`*)ゝ

 

ド忘れしたことなんか

た~~くさんあるから、

みんな一緒!

 

朝に

今日のスケジュールを

確認する

ということすら、

定着するのに2ヶ月も

かかったので、

忘れるつもりなくても

忘れちゃう人の気持ち、

それを思い出した時の

「しまった!」感は

よぅわかる!(〃゚3゚〃)

 

しかも、スケジュールは

手帳じゃなくてスマホ

最初からついてる

カレンダーアプリ。

 

スマホはいつも持ってるのに、

・朝に
・カレンダーを見る

これができない(-_-;;

この程度のことを忘れまくるので、

どうしたらいいか。。。。

と悩んだ結果、

「自分が見る」から忘れる。

自分は「受身」でいたら、

忘れにくい。

思い出しやすいハズ!

と思って、

 

毎朝8時に、

【今日の予定確認!】

というアラームが鳴るように設定。

 

そうすると、時間が来ると

勝手に震えて教えてくれるし、

気づかなくてもスマホを見たときには、

画面に「今日の予定確認!」と

表示されてるので、

ド忘れがかなり減る。

 

自分が継続しよう!と思わない

自分が「受身」になる

これが、継続するポイント。

 


・イライラしないようにする
・まずは人の話を聞く
・5分前に到着するように乗り換えを考える
・明日の準備を、前の日の夜にする

こういった「行動のクセ」も、

・自分には能力が足りない
・思ったことを言ったら、KYと思われる
・「できない姿」を見せてはいけない

といった「思い込みのクセ」も

性格を変える方程式で、

・自分には能力ある・・・かも!?

・本音を言っても
 嫌われない・・・かも!?

・できないトコロを見せても、
 仲良くしてくれる

など、

「自分のなりたい方向」に

変えられる。

 

※性格を変える参考記事 一番下にもリンクあり。

yearpick.hatenablog.com

 

 

やろう!と思ったら、

まずは3日坊主でOK

1日目:する
2日目:する
3日目:する
4日目:忘れる

 

 

5日目に思い出して、

また「する」を選ぶ。

 

これを繰り返せば、

1ヶ月の3/4は

実行してることになるから、

それだけでも十分!

 


そうやって、回数を重ねて

性格が

行動が

反応が

姿勢が

1つずつ変わっていく。

 

 

別人にはなれませんが、

行動が変わる

反応が変わる

姿勢が変わる

そうすると、周りの人から

「別人みたい!」と

言われるようになります(≧∇≦)b

 

 

姿・カタチは変わらないけど、
中身が別人になりたい人
公式LINE@にヒントが!

http://line.me/ti/p/@lok1322x
ID:@lok1322x

(1クリックで登録・解除完了!)

 

 

参考記事1

yearpick.hatenablog.com

参考記事2

yearpick.hatenablog.com

 

人生は、空き箱だらけ。

人生に、

「意味のないこと」もないし、

「意味あること」もない。

 

身の回りに起こる出来事に

「意味」はない。

空き箱と同じ。

 

そこに、どんな意味を入れるか。

空き箱に「オモチャ」を入れたら

「オモチャ箱」になり、

空き箱に「ゴミ」を入れたら

「ゴミ箱」になる。

 

身の回りに、

色んなカタチの空き箱があるだけ。

・貯金1000万欲しい

・ベンツに乗りたい

・豪邸に住みたい

も、全部、

カタチの違う

大きさの違う

「空き箱」を

欲しがってるだけ。

 

そこに入れるもので、

・貯金箱
・びっくり箱
・宝石箱
・弁当箱
・化粧箱

いろんな箱に変わる。

 


貯金があっても、

お金の不安あるし

ベンツに乗ったら

修理代も高いし

豪邸住んだら、

掃除が大変(;´Д`)

 


目の前の空き箱に

何を入れるのか。

その箱を見て、

どんな気持ちになるのか。

 


大きな箱ほど、たくさん入る。

お金もたくさん入るけど、

不安もたくさん入る。

 

大きい箱を目指すのもいいけど、

今ある小さな箱に、

どんなモノを入れてますか?

それを見て、どんな気持ちですか?

 

 

これも参考記事。

yearpick.hatenablog.com

 

 LINE@の限定企画も♪

http://line.me/ti/p/@lok1322x

ID:@lok1322x

(1クリックで登録・解除完了!)

キラキラ写真ほど、闇が深い⁉︎

「不安がない!!」と言う人は、

視野がせまい人

あるいは

不安を見ないフリしてる人。

 


見えてる世界が狭い

視野が狭い

想像力が弱いと

先に起こる不安が見えない。

見えてないから、

怖がることすらできない。

ピンチになるまで気づかない。

残念(´・_・`)

 

逆に、不安があって、

その不安をなくそう、

減らそうとするあまり、

さらに不安になって、結局、

「見ないフリ」する人もいる。

私には、不安なんてありませんけど、何か??(*`д´*)ナニヵ??

強がる。

見栄を張る。

こっちのほうが闇深い(´Д` )

不安を見ないように

不安に見られないように

努力・我慢してるのを

キラキラでコーティング。

 

 

LINE@でも、

・不安をなくしたいです

・ジャッジをなくしたいです

と、相談されることもありますが、 

不安もジャッジも、

ゼロにはできません!

 

 

不安をゼロにする

のではなく

不安への対処法を知る。

 

スキーがうまい人でも

コケることはある。

コケるのをゼロにしないと!

と思うとスキーを滑れなくなる。

 

こけても大丈夫!

こけそうになったら、

こうしたらいい!

がわかったらスキーを滑れる。

楽しめる。

 

 

ネガティブをゼロにしない。

不安を感じるのも
人をバカにするのも
嫉妬も
キレるのも
悪口も
焦りも
泣くのも
落ち込むのも
嫌われるのも
好かれるのも

ゼロにしない。

 

減らしたければ、

減らせばいいけれど、

ネガティブな部分も

自分の一部。

 

ネガティブがあって当たり前。

闇があって当たり前。

隠しごとがあって当たり前。

 

 

0か100という状態こそ

バランスが崩れてる状態。

 

バランスの取れた人は、

矛盾してる人。

・目標を持ちつつ、
 目標はどうでもいい。
 
・役立たずと思われてもいいと
 思いつつ、雑用する。
 
・稼げなくてもいいと言いつつ
 営業活動する。
 
・一線引いて自立しながら、
 人にも頼る。
 
・不安を持ちつつ、挑戦する。
 


不安をゼロにしようとすると、

どれだけ減らしても

【残った分】に注目して

「まだまだ」と自分を追い込むだけなので、

1つでも減らせれば、その分変化してる!

と【減らせた分】だけ見たらいい。

減った分だけ、軽くなる。

 


不安を感じてもいい
バカにしてもいい
嫉妬してもいい
キレてもいい
悪口言ってもいい
焦ってもいい
泣いてもいい
落ち込んでもいい
嫌われてもいい
好かれてもいい

 

むしろ、

不安があるから

前進できる。

 

Facebookでキラキラしてるあの人も

本を出してるあの人も

み~~~~んな、

ネガティブなまま進んでる。

 

 

みんな一緒♪(^-^)/

 

 

バランスをとりたい人は

LINE@にどうぞ。

LINE@限定の

特別企画も配信中。

http://line.me/ti/p/@lok1322x

ID:@lok1322x

(1クリックで登録・解除完了!)

 

 

好きなことで稼ぐより、稼ぐことが好きになったら最強。

仕事してお金を稼いで、

高級車
高価なファッション
高価な食べ物

を目指す!

のも否定しませんが、

発想の転換で、

「稼ぐこと自体」を

好きになったら楽しそう♪

と、ふと思いつきました。

 

ここでのポイントは、

「好き」の中身。

 

稼いだお金が

・人と比べて多い!

・高価なモノを買った!

という【優越感】が

「好き」の中身なら、

プロセスが努力と我慢に

満ちたデスロード。

結果が出ると、

周りをバカにするから、

さらに性格が悪くなる。

 

稼いだことでの

【自己満足♪】が

「好き」の中身なら、

プロセスも楽しめる。

 

 

ちょうど、2日前にも、

エクセルを

ず~~~~~~~~~っと、

いじって仕組み作り。

 

ここに入力するだけで、

ここにも
あそこにも
そっちにも

必要なデータが表示されて

後は、印刷するだけ♪

という仕組みを

・ググりながら、
・以前に作った仕組みも
 参考にしながら

作成してました。

 

1時間で作る予定でしたが、

その後に予定がなかったので、

2.5時間ずっと、いじってました。

 

途中で、

どうしよう~

と途方にくれることもあったけど、

徐々に出来上がるのが楽しい(*´∀`*)

 

その日には完成しませんでしたが、

次の日の朝に完成!

スッキリ!(*´∀`*)

 

機能が1つくらいなくても

誰にも文句言われないけど、

自分がそうしたかったから、

しただけ。

完全な自己満足(*´∀`*)

これで、また

仕事が楽チンに( ´∀`)人(´∀` )

 

 

自己満足を目指すと、

プロセスも楽しめる。

優越感を目指すと、

プロセスを楽しめない。

 

サッカー観戦を楽しむ
マンガ読むのを楽しむ

と同じように、

稼ぐこと自体を楽しむ。

 

楽しむってどういうこと?

と、考えてみると、

その行動自体が楽しいし、

「それ」をすることで、

「あれ」を手に入れようとは思わない。

「その先」は考えてないし、

どうなるかは知らない。

ただ「今」に集中してる。

 

もちろん、結果や試合の勝ち負けに

こだわるけれど、それは、

レベルアップの踏み台になる。

勝っても、負けた相手を

見下すわけじゃない。

 

 

自己満足は、自分だけ。

比較したとしても、

昨日までの自分との比較。

優越感は、人との比較。

相手が変わると、

「勝ち」が「負け」に変わる。
 
 
お金も信頼も、それを手に入れて

・自己満足を感じるか
・優越感を持つか

というキッカケにすぎない。


稼ぐのを好きになるには、

優越感じゃなく、

自己満足を目指す。

 

そうすると、
・それして意味ある?
・何になるの?
・お金稼ぐばっかりで、
 それをどう使うかが大事!!

こんな、他人の声は

 

サッカーで勝つために

中盤を組み立てて

パスをつないで

相手のほころびを見つけて

パスを出す

シュートする

 

 

稼ぐために

マーケティングを組み立てて

お客候補に興味ある情報を出して

コミュニケーションとって

ニーズを発見したら

商品を案内する

募集する

 

やってることは一緒。

 

「稼ごう!」

から、

「稼ぐこと自体を楽しもう!」

に、移ると、

失敗に対する恐怖も減るので、

どんどん挑戦できる。


●●を楽しむには、

自己満足を目指す。

他人の声は、全無視で!

 

 


自己満足を目指す人はLINE@に。

一緒に自己満足を目指そう(*´∀`*)

http://line.me/ti/p/@lok1322x

ID:@lok1322x

(1クリックで登録・解除完了!)

ブログを書くと、【売れっこ芸人】の気持ちがわかる。

1月の終わりごろに、

来月(2月)は、

毎日ブログ更新してみよう!

と、ふと思いついたので、

早速実践することに。

 

たぶん、2/12以外は

更新してたハズ。

 

毎日ブログを書こう!

と決めたのはいいけど、

3日でネタ切れ(((( ;゚д゚))))

 

毎日生活してて、

そうそうネタになるような

出来事は起こらない。

 

そうなると、日々の中で、

「ネタになりそうなこと」を

探し始める。

・相手の言葉にイラっとした!

→「なんでイラっとしたのか?」

ネタのタネGET!

 

・相手が怒ってる理由が
 よくわからない。

→「どんな思い込みがある?」

ネタのタネGET!

 

日々の小さな気持ちの変化は

すべて【ネタのタネ】なので、

小さな変化も見逃さないようになる。

 

しかも、後で記事にしようと

思っているので、

「第3者として見る」。

・どんな状況か
・相手が何と言ったか
・自分はどう思ったか
・自分は何をしたか
・その結果は?

こういったことを
「後で書く」ために
よ~~く見てる。

これが観察!

 

自分と相手を観察して、

共通点や違う点を見つけることで、

自分の思い込み・クセに気づく。

 

言い争いになっても

・相手が上か下か
・自分が勝ったか負けたか

はどうでもよくて、

ブログ記事になるかどうか

が一番大事(^^;;

 

だから、
よ~~く見るようになる。


芸人さんと同じで、
まず、世に出るためには
・漫才
・コント
などのネタで

M-1
THE MANZAI

の決勝に残ることが大事ですが、

ブレイクした後に、

売れ続けるかどうかは、

「ひな壇でのフリートーク」で決まる。

 

ある芸人さんがTVで、

「そんな我々も生活してて、ネタになるようなこと起きませんって!

でも、例えば面白い格好のオバチャンが新大阪にいたら、『おっ!』と思う。

アノおばちゃんが、オレにこんなこと言ってきたら面白いなぁ、と【料理】が始まる。

目の前に落ちてたのは「キャベツ」やけど、トークで出すのは、お好み焼き。」

 

また、他の芸人さんも、

「後輩と一日一緒にいたんですよ。

夜になって、後輩に『今日、おもろいコトあったなぁ』って言うと、

後輩は『は!?(゚д゚)』って顔するんですよ。

だから、オマエは売れへんねん!って思いましたね~」

こんなことを言ってました。

 

トークネタのタネを、

日々探しながら生活する。


先月は、こんな感覚でした。

 

すんなりと書けそうなネタは

すぐに使い切っちゃうから、

あとは、日々の【小さな動き】を

見逃さずに、キャッチする。

 

今まで1本だったアンテナが

5本立つようになる。


自分のアンテナ感度を上げるには、

アウトプットを決めること。


もちろん、それでも夕方頃になって

・ヤバイ(((( ;゚д゚))))
・どうしよう(((( ;゚д゚))))

と、焦ったことが何度もある。

しかも、土日は、家族の相手をするので、
(決してイヤじゃない!)

考える時間がとりにくい。

そんな中で、

・前もって貯金するか、
・時間をひねり出すか

しながら、何とか更新。

 

どうせ「出す」なら

アタマの中をスッキリと出そう!

と思うと、

インプットの精度を上がる。

同じモノを見ても、

たくさんのことに

気づけるようになる。

 

試しに、
「毎日ブログ更新する」
をしてみましたが、
期待以上の「いい習慣」が
手に入りました(^-^)/

 


ブログを書くことで、
今までは流れてしまってたことを
冷凍保存でき
それを、公開することで、
周りにもいい影響を与える。


その結果
・おもしろい
・人が集まる
・自分も人も成長する
・人に感謝される
・自分と向き合える
そんなブログの完成!

 

ちなみに!!

1日平均2万PVのブログ「ナリ心理学」のナリくんが、ブログの書き方について教えてくれるセミナーを開催!

 

ブログの書き方はもちろん、

ブログからビジネスへのつなげ方

アクセス数の増やし方

など、今まで門外不出だった

“秘伝のタレ“を初公開。

 

詳しくはこちら↓↓
http://nalikun.info/af/items/go/t3wp?afid=11&lp=2

不安と向き合うのは、1000万円得るために、前金20万円支払うこと。支払いますか?f^_^;

昨日、LINE@で、息子さんの
学校トラブルについての相談が。

f:id:yyearpick:20170301160733j:plain

f:id:yyearpick:20170301160746j:plain

f:id:yyearpick:20170301160806j:plain

 

 

親としては、息子のためを思って、

空気読んだ方が、

傷つかなくて済むかもよ?

と言いたくなる気持ちも、

よ~~く

よ~~く

わかる。

ウチにも息子がいるので。

 

でも、そうすると、

「目先のマイナス」は避けられても、その先にある【大きなプラス】を失う。

 

こっちの方が損失でかい!

 

1000万円あげます。
(先にある大きなプラス)

でも、前金が20万円必要です。
(目先のマイナス)

さぁ、支払いますか??

と、同じ(^^;;

 

同じようなことを

こんな感じで書いてました。

yearpick.hatenablog.com

一番下にもリンクあり。 

 

もし、「空気読んで我慢する」
を選んだら
(=前金は支払わない)
↓↓
子どもが教室内で浮かなくなる
(=目先のマイナスを避ける)
↓↓
親は子どもからの信用を失う
=親は先生側で、
 自分(子ども)の味方じゃない!
(=1000万Getできない!)
↓↓
子どもも親も、
ストレスを貯金(ι´・ω・`;)


逆に、親が

「嫌われても、浮いてもOK

でも、親はあなたの味方!」

と伝えると、

子どもが教室で嫌われる、浮くかも
(=前金支払う)

親は自分の味方!安心!
(=1000万円Get!)

親は味方!と信じられたら、

嫌われても浮いても、

一歩踏み出せる。

子どもが親の信頼を失う損失は、

お金には換算できないマイナス。

 

 

目先のマイナス
・嫌われる
・恥ずかしい
・もったいない
・周りから浮く
の後ろにある、

【バカでかいプラス】

に気づいてますか?

 

多くの場合、その

【バカでかいプラス】は、人と人との信用・信頼です。

お金ではありません。

 

こないだ全巻読み終わったマンガの1つが
将太の寿司」。

そこに出てきたおじいさんのセリフ

「お金に頼るってことは、人を信頼できない結果です。」

こんな感じのこと言ってて、

「なるほどなぁ~」と思ったので、

ここで紹介。

 

 

問題も悩みも、

不安と向き合う

=前金20万支払う!

ことをせずに、

目先のマイナスを

避けてきた結果、

不安が雲のように

大きくなって、

雲に囲まれて

身動き取れなくなってる状態。

 

雲もほとんどは水蒸気。

霧と一緒で近づくと消える。

見えなくなる。

f:id:yyearpick:20170301161743j:plain

 

 

雲の中心になる「核」は、

本当にちっちゃい。

不安と向き合う

=悩みの雲の中心にある

 「核」を見つける。

 

核の中身は、

自分の弱点

恥ずかしい部分

劣等感

ダサい部分

 

要は、

人と比べて、

自分の普通と比べて、

「劣っている」と思えるところ。

 

そこから逃げてるから、

悩みの雲がどんどん大きくなる。

雲の中に飛び込んだら、

意外と大丈夫!

実際は20万円もかからない(-_-;

0円でOK!

 

必要なのは雲に飛び込む勇気だけ。

1度勇気を出して、

目先のマイナスの後ろに

【バカでかいプラス】が

あることを経験したら、

次も勇気を出して、

飛び込める。

 

 


勇気を出したい!

背中押して欲しい人はLINE@に!

背中を蹴飛ばされる覚悟でどうぞ(^^)

http://line.me/ti/p/@lok1322x

ID:@lok1322x

(1クリックで登録・解除完了!)

 

 参考記事

yearpick.hatenablog.com

子どもに対して、それはしつけ?イライラをぶつけてるだけ?

親がわが子に対して

一番言うコトバの第1位は、

 

 

 

 

 

 

 

 

早くしなさい!

 

だそうです。笑

心当たりありますか?笑

 

子ども「しつけ」は

子育てでよく話すテーマですが、

 

子どものために、

しつけているのか

 

大人側がイライラして

その感情をぶつけているのか

 

一見すると

同じように見えることも多い。

  

もちろん、親としては

どちらも経験あり!!笑

 

ただ、嫁に比べると、

子どもに対して

イライラすることは

ほぼありません。

(子育て歴まだ2年数ヶ月)

 

レストランや公共施設で、

親が子どもに

大きな声で何か言ってるのを

観察していると、

・子どもにイラつかない自分

・子どもにイラついてる親

 の違いは、きっとココ!

 

なぜ子どもにイラつかないか。

 

それは、

子どもには能力がある(眠ってる)。

あとはそれを引き出すだけ。

と思っているから。

 

子どもの行動に

イライラする人は、

子どもには、能力ない・少ない。

だから、外側から与えないと!

と思ってる。

 

根っこの「思い込み」の違いで、

子どもへの対応・リアクションが

正反対になる。

 

能力がある、なら

外に引っ張り出せばいい。

言ったことができてなくても、

ミスしても、忘れても、

「まだ外に出てないだけ」と

思うと、余計なイライラはしない。

 

能力を引っ張り出す方程式は、

インパクト×回数

 

できるようになるまで言う!

同じことを100回言う!

という心構えでいると、

意外に、思ったより早く

できるようになる。

100回言うつもりが、

20回でできた感じ。 

 

逆に、

中に「ない」と思ってるから、

外から与えて、押し付ける。

言ったことができてないと、

子どもの中に入ってない、浸透してない

ということなので、

さらなるインパクトの大きな声で伝える。

「何回言ったらわかるの!!!」

が典型的な例。

 

「何回言ったらわかるの!」

と言ってても

実際、10回も同じことを

言ってる親はほぼいない。

 

親になった知り合いに、

『子どもに、

「何回言ったら・・・」って言ってたけど、 

実際には、何回くらい言ってるの?』

と聞いたことがある。笑

 

答えてくれた人は、

5回前後

が一番多い。

ダントツに多いのは、

そんなの数えてないわ。

という回答。

そら、そうでしょうね。

 

5回前後しか言ってないのに

「まだ、できないの?」と思って

また大きな声で・・・の《悪循環》

 

子どもに対して、

この子には、能力がある!今は見えてないけど、眠ってるだけで、引き出せば、色んなことができる!

と、思えるようになると、

あれ!?

自分も2才の頃があったハズ。

ということは、

自分にも能力があって、今は見えてないけど、引き出せば、さらに色んなことができる!

と、思えるようになりません??(^^;;

 

2才と比べたら、今の自分が

できることは、めちゃくちゃ多い。

でも、最初はできないところからのスタート。

・コケながらも、一輪車に乗れるようになった

・プロにはなれなかったけど、ギターを練習して、うまくなった

・毎日、公園周りを走ってたら、1500mのタイムがどんどん上がった

 

もし、能力がなかったら、

10戦10敗

100戦100敗

するはず。

 

上達したってことは、

能力があって、

それが練習によって

繰り返しによって、

掘り出されてきた証拠。

 

今回は、

勝手にわが子に対して、

「この子には能力があるはず!」

と思い込み、

じゃあ、

「自分にも能力があるはず」

という、「子ども→自分(親)」の

順番で気づきましたが、

子どもがいてもいなくても、

・今までに上達したこと

を思い出すと、結局、誰もが

「自分には能力があるはず」

という結論にたどり着く。

 

自分にも相手にも

能力がある!

まだ眠ってるだけ!

だから、掘り出せばいい!

と思っていると、

目の前の子どもの行動や、

子どものテストの結果に

一喜一憂しにくくなる。

 

実は、これは

親=上司

子=部下

に置き換えると、

そのまま人材育成の話になる。

 

部下に対して怒鳴る上司は、

部下には能力がない!と思ってるし、

自分(上司)にも能力がない!

自分には「ない」から

今まで努力して、

いろんなスキル・経験を

足し算してきた!

と思ってる人が多い

「ない」前提の人。

 

目の前の行動や結果に

一喜一憂して、

周りもそれに振り回される。

 

自分にも、当てはまりすぎて

めっちゃイタイ!!(=_=;;

 

自分で始めた会社なので、

パッと見て

「おぉ!!スゴイ!!」

という人材なんて

やってこない。(失礼)

 

就職活動全敗で

ウチに入ったスタッフもいる。

 

そんな中で、戦っていくために、

最初の頃は、よく怒鳴り散らしてました。

その時のエピソードはこちら。

yearpick.hatenablog.com

一番下にもリンクあり。

 

それでも言うことを聞くけれど、

納得のいく動きはしてくれない。

うまくいかない中で、

本を読んだり、

ある時はきつく言って

ある時は、ホメたり

試行錯誤して今は、

「人には能力がある」

という【ある前提】で

人材育成してます。

 

うまくいってるかどうかの

判断は難しいですが、

ココロの中は

比べるまでもないくらい

平穏です。

 

子育ても

人材育成も

根っこは同じですね。

 

まとめると、

・上達したことを数える

・人には能力がある!

・【ある前提】なら、余計なイライラはナシ!

・子育ても部下育ても根っこは同じ

 

 

子育ての質問もよくもらいます。

部下の育成についても質問・相談は

LINE@からどうぞ。

http://line.me/ti/p/@lok1322x
ID:@lok1322x

(1クリックで登録・解除完了!)

 

参考記事

yearpick.hatenablog.com