読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社員は、ボランティアスタッフ②

心の講義

前回の①の続き。

前回はこちら。

yearpick.hatenablog.com

※一番下にもリンクしてるから、後で読むならそちらで。

 

家事は、

・やろうと思ったからやる

・気になったからやる

という【ボランティア精神】だと

ちょうどいい。

が前回のお話。

 

 

じゃあ、仕事は??

家事をしてもお金は発生しないけど、

仕事はお金が発生する。

だから、仕事においては、

やりたいかどうかは関係ナシに、

言われたこと

与えられた役割

をやるべし!!

この意識を持った人が多い。

 

この「やるべき!」という責任感の根っこには、

お金の恐怖からくる不安

がしっかりと根付いてる。

 

これは

社員でも

アルバイトでも

管理職でも

部長でも

社長でも

みんな同じように

持ってしまうもの。

 

お金が減ると、今の生活が崩れてしまう。

そうならないように、言われたことをやる。

もっともらえるように考えて動く。

こう思う人がきっと大多数。

 

 

そこで!

自分が社長である、

という立場を使って、

人体実験してみた。

 

・社員に対して、ホンマは給与とか保険とか支払ってるけど、「ボランティア」で仕事してくれてる。

 

・アルバイトに対して、ホンマは給与とか支払ってるけど、「ボランティア」で仕事してくれてる。

 

と、仮定(自分の頭の中のみ)。

 

今までは、社員含めたスタッフに対して、

「○○を××までにやって~!」

と言うけど、

一度言ったことは

二度と言わない

(面倒くさいから)。

 

一度言ったら、聞いて

理解してハズ!

覚えてるハズ!

と思ってたので、

 

スタッフが忘れてたりすると、

前回①の記事にも書いたように

・何でこれまだ配布してないの?

・これはどうなった?まだ決めてないの?はよせぃ!ι(`ロ´)ノコノヤロウ!!

・前に言ったやろ!はぁ、忘れた??ι(`ロ´)ノコノヤロウ!!

と、イライラ(-゛-メ) 

 

でも、「ボランティアだったら」

仮定してみると、

・それをやって欲しいから、何度も伝える

・実行してくれたら、めっちゃ感謝!(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

 

結果が出るまでの、

スタッフに対するアプローチ

スタッフに対する

こちらの気持ちが全然違う!

 

 

そもそも、勘違いしてる人が多いけど、

給与を支払うことで、

仕事をさせる強制力はナイ!!

給与をもらってても、仕事がイヤなら、

社員・バイトはやめることができるから。

 

給与を払うことで可能なのは、せいぜい

その人を一定時間拘束する、

会社にいてもらうこと。

これだけ!

その時間内に何をするか、は人によって異なる。

 

となると、給与を払う側としては、

その人の持ってる能力を

たくさん発揮して欲しい!

と思う。

 

それなら、

給与を支払ってるから、

これをやれ!という指示や命令で

チームをつくるより、

あえて

会社でも、サークル活動と同じように、

・お金や地位という強制力を使わずに

・指示、命令ではなく、依頼・お願いをして

・活躍の場を与える

・ホメて、感謝する

というチームを作ったほうが

メンバーが自発的に動いてくれて、

「10人が10人分の働き」ではなく、

「10人で20人分の働き」

してくれる可能性が高くなる。

f:id:yyearpick:20161223212246j:plain

 

家事・仕事に限らず、

周りの人はみんなボランティアで

それをしてる!

と思うと、指示命令したり、

ダメ出ししたり、といった

「上から目線」から抜け出せる。

 

周りはボランティアなので、

ミスしても

忘れても

結果が出なくても

「しゃーないよなぁ」

「次、リベンジな!」

 というスタンスでいける。

(何を任せるかは、非常に大事です)

 

自分が上司や親なら、

部下・子どもに対して、

ボランティアで、

・仕事してる

・勉強してる

と仮定してみる。

 

ボランティア=結果を求めない

という立場なので、

仕事や勉強についての接し方が

全く変わってくる。

うまくいったら、ホメて感謝して、

次の活躍の場(課題)を与える。

 

任された側も、

失敗しても「ゼロ」

うまくいったら「プラス」

という環境なので、

能力を発揮しやすい。

 

やることは、 

自分が周りを「ボランティア」と

頭の中で想定するだけ!

お金も時間もかからない。

特に、我慢して努力するわけでもない。

給与などの待遇も特に変えない。

それなのに、接し方が変わって

お互いのストレス・気苦労も減り

お互いに対する感謝も湧いてくるので、

能力も発揮しやすく、

結果として、

今までより少ないコストで、

今まで以上の結果(成績・売上など)が出る。

 

 

まだ、「お金の不安」は完全に消えていませんが、

「逃げ恥」が教えてくれた

【みんなボランティア!】のスタンスで、

2017年も進んでいこうと思います。

 

ボランティアで、こちらも登録!(^-^)/

http://line.me/ti/p/@lok1322x

ID:@lok1322x

 

その①はこちら。

yearpick.hatenablog.com