読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

混乱の箱の中から抜け出して、【冷静な自分】を取り戻す方法。

昨日の続き。一番下にもリンクしてます!

yearpick.hatenablog.com

 

 

昨日の要点は、

・人間は基本「自己中」

・自己中は悪くない

・自分が自己中なことに気づいてないことが問題の原因

・自己中って気づいてない=混乱してる

・混乱から抜け出して【冷静】を取り戻すコツは【離れること】

 

 

先に言っちゃいますが、一番のポイントは

 

 

離れること!

 

 

 

 

離れて見ることで、本質な価値が実感できるんです。

 

一人暮らしをすると、親のありがたみがわかる。

海外に行くと、日本の豊かさを思い知る。

 

などは、よく聞く「あるある」ですね。

 

 

 

 

まずは昨日の予告通り、

混乱したままやっても意味ないこと!

(すべて自分で実験済み)

 

(1)相手を変えようと思うこと

相手を変えようとしている=相手が悪い、自分が正しい、

という思い込みのまま、

どんなに動いても相手は変わりません。残念。

 

(2)相手と張り合うこと

相手が悪くて自分が正しい!といくら理由や根拠を主張して、

仮に論破しても・・・「相手」も「状況」も変わりません。残念。

f:id:yyearpick:20170130202140j:plain

 

(3)その状況から逃げること

「相手が悪い!」「自分は被害者」という思い込みを持ったまま、

他の場所に行っても(例えば転職しても)、

そこでまた人とぶつかって、同じ問題・悩みが起こるだけ。

残念。

 

(4)本を読んで新しいテクニックを使うこと。

本はたくさん読みました!

(BOOK OFFに売ったら1万円超えたことも・・・笑)

本に書かれているテクニックやスキルを試したことも数知れず。

でも、根っこの部分が変わらないと、何をするにしても、

結局、「自分が正しい」ということが相手に伝わってしまうだけで、

「相手」も「状況」も変化ナシ。

 

一応、こっちが雇い主なので、表面的には「わかりました」と返事はしてくれますけどね(^^;;

残念。

 


全部、試したことありますが、見事に効果がなかった(泣)

 

 

今考えると、

経営者として、働いてるスタッフを

・こちらの思い通りにコマとして働いてくれる【便利】な存在

・ミスしたら、仕事を【ジャマ】する存在

 

見事に「モノ扱い」していたので、

いろんな打開策を打っても効果がないのは

理解できますが、その時は、全く気づかず。笑

 

 

 

 

では、どうやってそこから抜け出したのか?

 

ここからは、混乱の箱の中から抜け出して冷静な自分を取り戻すステップ!

f:id:yyearpick:20170130205841p:plain

 


①まずは、ムカついてること、思ってることを吐き出す。

誰にも見せないので、人の名前も入れて具体的に。

これだけで1日終えてもOK!

トイレと一緒で、新しい知識・スキルを入れる前に、

まずは、不要物、たまってるブラックをデトックスすることから。

下の参考記事にも書きましたが、PCのワードに書きなぐってます!

ノートに書きなぐる、ブログ(非公開)に書く、とにかく「外に出す」こと。

 

参考記事 一番したにもリンクしてます!

yearpick.hatenablog.com

 


②一通り吐き出したら、「全くの他人目線」で自分の状況を見てみる=離れて見る。

他人事として自分の状況を見てみると、

『感情的にならないシンプルな答え』が見えてきます。

まずは、自分が「相手をモノ」として見ていたかどうか

=被害妄想、自己防衛の考えに支配されてないか!?

をチェックすることから!

「自分はこんなに頑張ってるのに・・・」と思ってなかったか!?

99%(自分比)そう思ってます。残念ながら。笑

 

先週火曜日に、LINE@でいろんな状況が送られてきましたが、シンプルな質問で

 

ハッ(゜ロ゜)。

 

っと気づく人の多いこと!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

でも、渦中にいると見えないですよね~。

 


③こちらにはわからないけど、

相手にも、「それをした理由」「それを言った理由」があるはず、と思う。

聞けたら聞けばいいけど、たぶんわからない、教えてくれない。

だから、わからなくていい。笑

でも、「相手にもそうせざるを得ない理由がある!」という視点を

持つことで初めて、相手を【人間扱い】できるようになる。

 


④その上で、自分は何をするの?と自分の行動を決める。

相手に「それをした理由」を聞く。

許す

許さん!!怒りをぶつける!

手伝えることがないか聞いてみる

自分がムカついた理由を話してみる など

 

 


一応、パパをしているので、

(LINE@の画像も子ども付なので)

子育ての相談もよく来ます。

 

子育てをする上で、「離れて見る」ってことは、

子どもが何才であれ、

子どもがどんな状態であれ

実際は自分の子どもだけど、

もし、他人の子が同じ状況なのを見たら、

・それを言う?

・それをする?

と考えてみること。

 

もちろん、日常生活全部で「他人の子」と思うのではなく、

親である自分が

イライラした時

腹が立った時

口出ししたくなった時

に一度【離れる】=他人の子なら、と仮定してみて、

 

それでも、

言いたいかどうか

したいかどうか

を、再検討する。

 

この1ステップを踏むだけでも、感情的な親子ケンカはかなり減る。

 

こうやって、

離れて

見る 

ということを繰り返すことで、

混乱してても、

徐々に冷静になれるようになってきます。

 

混乱しない!自己中にならない!

のは、ムリなので、

そうなっても、

・戻ってこれる手順を持ってる

・戻ってきた経験がある

ことで、さらに冷静さに磨きがかかってきます。

知った後は、練習あるのみ!

 

 

最後のポイントは、

自分の視野が広くなったかどうかは、

周りからの反応

で判断して下さいね。

 

自分だけ、

オレの視野は広がった~!!

なんて思うのは、

自己中の箱のど真ん中ですから。笑

 

 

 

公式LINE@の登録はこちらから。

相談・質問もここから受け付けてます。

http://line.me/ti/p/@lok1322x
ID:@lok1322x

(1クリックで登録・解除完了!)

 

 

記事にあった参考記事リンクはこちら。

yearpick.hatenablog.com

 

yearpick.hatenablog.com