読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「思い込み」で目が曇る。「ある」のに「見えない」。

エピソード

毎晩、洗濯が終わると、風呂掃除。

すると、朝になって、嫁が

 

「風呂場の掃除してよ!

いっぱいカビがあるやん!!」

と。

 

 

よく聞いてみると、

 

■嫁に見えてる風呂場
カビだらけ

 

■自分に見えてる風呂場
掃除したし、まぁまぁキレイ

 

 

「この人は一体、何を言うてるんやろう???」

とポカーンとした顔をしてたら

( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)

 

 

「わからへんの?」

と言われたので、

 

「わからん!どこにカビがあるん?」

と素直に質問。

 

 

あきれた様子で一緒に風呂場まで行き、

 

こぉ~~こ!!!┐(´-`)┌

ちょっと赤くなってるのが赤カビ!!」

と呆れた様子で言われる。

 

 

 

 

 

 

 

おぉ!!!

ホンマや!!!

 

たしかに、周りと比べて少し赤くなってました。

相手はカビなのに大発見したような気分。

 

初めて「目に見えた瞬間」。

それから周りを見渡すと、

まぁまぁ赤カビさんがおりました(^^;

 

 

家を建てる際に、

風呂場の床はカビが生えない床です

という説明を真に受けていたので、

そもそも「床にカビはないもの」

端っこのゴム部分ならカビる可能性ある!

という思い込みが、目を曇らせてました。

 

 

 

 

 

目の前に「ある」のに

思い込みによって「見えない」。

 

脳みそが「ない」と思ってるものは

実際に「見えない」

という補正がかかる。

 

例えばこれ。

f:id:yyearpick:20170208191029j:plain

読めます?

実は文字の順番がわざと

入れ替えられています。
(最後にも書いてます)

でも、脳が

「意味あるコトバのはず」

と思うことで、

「知ってるコトバ」に

変換されて読める。

これが脳の補正。

 

思い込み1つで、

・ないものが見える

・あるものが見えない

ことが普通に起こる。

 

特に、

カタチの決まってないもの」なら、

余計に見えにくくなる。

(優しさ、等)

 

 

もちろん、赤カビは

すぐにカビキラーを使って

キレイに!!(・Д・)b

 

f:id:yyearpick:20170206212110j:plain

 

 

思い込みを外すヒントが送られてくるLINE@はこちら。

http://line.me/ti/p/@lok1322x
ID:@lok1322x

(1クリックで登録・解除完了!)