読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【保存版】勇気を出して人生が変わるワーク。

10年努力するより、

1日勇気を出す方が

人生は変わる。

 

そう思ってましたが、

「勇気を出す」って・・・

具体的にどうすること?

「えいっ!!!⊂('ω'⊂ )))Σ≡」

って飛び出すこと?

 

イマイチよくわからないので、

自分なりに考えて、ここで解説!

ついでに、

「勇気を出して人生が変わるワーク」

の内容もブログで初公開!

 

まず、

勇気を出す!って、

当たって砕けろ!!

とは違います。

できるだけ砕けたくないので(;´∀`)

 

この記事↓↓にもありますが、

勇気を出すための

下準備は、

【最悪を予測し、最高を期待する】

参考記事。一番下にもリンクあり。

yearpick.hatenablog.com

 


もう少し説明すると

最悪の状況と

最高の状況を

数字と固有名詞を使って

ノートに書き出すこと。

これが勇気を出すための下準備。

 

この準備をせずに

「えいっ!!⊂('ω'⊂ )))Σ≡」

って飛ぶと、大怪我する可能性大!(;´Д`)

 

ま、大怪我しても

人に助けてもらえたり

復活できれば

それでいいんですが(;´∀`)


ということで、

勇気を出して人生を変えるワークの始まり♪

用意するもの
・ノート
・ペン
・時間 30分~1時間
・やる気

 

まずはノートを開き、ペンを持ち

(1) ノートを上半分と下半分に分ける線を引く。

・上に【最高】【+】と書く。

・下に【最悪】【-】と書く。

f:id:yyearpick:20170321144720j:plain

(2) 最高の状態を具体的に書く。

数字と固有名詞(人名・地名)を使う

・何にも制限なく、お金も人脈もあり、何をしても嫌われないとしたら?と考える。

※ここでどれだけ、自分の制限を外してイメージできるかがポイント。

何でもいいんですよ。

秒速で1億円でも、

1ヶ月3日労働で月収100万円でも。

誰に見せるわけでもないので、

ご自由に♪

こんな感じ。

f:id:yyearpick:20170321144736j:plain

(3) それホンマに楽しい?満足?

一応、一度は自分に確認してみましょう。

「ちょっとそれはつまらないかも」

と思ったら、書き直す。

 

(4) 最悪の状態を具体的に書く。
・数字と固有名詞(人名・地名)を使う
 迷惑かける、嫌われる
 → 誰に?

 お金がムダになる
 → いくら?

と、具体的に数字と人名を書く。

ここが、おそらく最初の

『手が止まる』ところ(((( ;゚д゚))))

それは不安と向き合ってる証拠!

 

ここで気づくのは、

最悪・不安・恐怖の正体は、

・孤独
・お金

の2つです。

f:id:yyearpick:20170321145000j:plain

 

(5) 他には?

最低と最高を眺めてみる。

書き足すことがあれば書き足す。

 

(6) 心が落ち着くまで+と-を眺める。

ただ眺めるだけ。

イメージする。

心の波がおさまるまで。

 

(7) +の右側に、+への【近道】を書く。

ここでも、

・何にも制限なく、お金も人脈もあり、何をしても嫌われないとしたら?と考える。

・「+への近道」は、「-からの逃げ道」にもなる。

 

(8) 【重要】-を受け入れる覚悟を書く。

-になった時、すぐ動けるように、

・何をするか?

・どこに行くのか?

・順番は?

を前もって調べる。

※ここが一番手が止まる(((( ;゚д゚))))

もちろん、

「知ってるけど、使わない」

が一番いい(´ε`;)

 

こんな感じ

f:id:yyearpick:20170321150133j:plain

下半分の

(4)と(8)を書き出すことが、

一番、しんどくて手が止まる。

でも、これが不安と向き合うこと。

 

ここがどん底の最低ラインで、

【一番下】だからこそ、

上に向かって伸びるための

【根っこ】になる。

 

高く飛ぶためには、

強く地面を蹴る。

地面・どん底を

数字と固有名詞で

固定させることで、

強く蹴ってジャンプできる。

f:id:yyearpick:20170321150629j:plain

 

書き出した時点で

勇気を出す下準備は完了!

 

ここまで書き出すと、

すでに、最悪な状況を

イメージの中で

経験してるので、

勇気を出す、なんてことは、

大したハードルではなくなってる。

 

最悪を具体化せずに、

目を背けて

+だけを見るような

【希望的観測】をする人は、

ノートの上半分だけを見て

《努力》する。

マイナスを見ることから逃げて、←(4)

マイナスを受け入れる覚悟もないので、←(8)

どれだけ努力しても

どれだけ頑張っても

マイナスは減らない。

不安もあいまいなまま。

 

 

高く飛ぶためには、

底辺を固定する。

 

これは、

1度書いて終わりではなく、

書き足すことがあれば、

どんどん書き足していく。

 

そのノートが、

あなたのジャンプ台

なりますよ~♪

今回は書くのも相当疲れた。。。(;´Д`)=3 フゥ

 

 

LINE@なら、LINEと同じように
1対1でのトークで相談できます♪

http://line.me/ti/p/@lok1322x

ID:@lok1322x

(1クリックで登録・解除完了!)

↓↓こんな感じで、
相談に乗ってます( ´∀`)人(´∀` )

yearpick.hatenablog.com

 

 参考記事

yearpick.hatenablog.com