読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「いいお客さん」に来て欲しいなら…

「いいお客さん」は、

人それぞれですが、

自分にとって「いいお客さん」に

来て欲しいなら、

まずは、自分が「いいお客さん」になってみる。

入った店で、いいお客になる。

吉野家でも、

高級イタリアンでも

服でも

雑貨でも

電車でも。

 

店を観察して、

・どんなお客がこの店にとって良いお客?

思わず店員さんがサービスをしてしまいたくなるお客さんは?

と想像してみる。

 

そうすると、

店のこだわりも見えてくる。

・提供スピード命!

・安さ第一

のところもあれば、

 

・高級な食器

・スタッフの言葉遣い

・内装、雰囲気

・食材

・料理の腕

のところや、

 

・会話で楽しませる

・仲良くなって「いつもの」で通じる

・選択肢があって、お客好みの組み合わせを選べる

などなど。

 

1番いいのは、

想像、イメージではなく、

店員と話してみること。

 

そうやって、

うまくいく秘訣をいっぱいパクる!

 

全く同じ業種なら

パクりはダメですが、

違う業種なら、パクり放題!

 

学校ではカンニング禁止ですが、ビジネスはカンニングOK(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

カンニングしてでも、

お客に喜んでもらったほうがいい。

 

いざ、提供する側に立って

・募集しよう

・販売しよう

・お客の立場に!

と、アタマをひねっても、

お客さんのアタマの中は

わからない。

近くにいる、嫁や子どもの

アタマの中もわからんのに(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

 

いいお客さんに来て欲しいなら、

自分がいいお客さんになる。

 

こんな感じの話も、起業支援ではしていきます( ̄  ̄)b

起業して10年経ちましたが、
10年生き残る企業はたった6%!
失敗談、成功例、考え方も含めて
お伝えします。(定員5名)
詳しくは↓↓

【ナリ心理学×起業支援】グループカウンセリング開催 - 光の射す方へ

 

起業支援についての質問、

ご相談はLINE@から(^^)
http://line.me/ti/p/@lok1322x
ID:@lok1322x