読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校や親からの呪縛を解く方法

小さい時に、

近所のおっちゃん

学校の先生

から教わったコトには、意外にウソが多い( ̄_ ̄ i)。

 

なんで、ウソ、実際とは違うことを、子どもに教えるか、というと

●子どもの理解力はまだまだなので、ココはこういうふうに言っておこう!(実は違う時あるけど)

●親である自分も、子どものときに、同じことを言われたから、それをそのまま使う。

●親も20代や30代(10代1?)では、実はまだまだわかってないことが多かった

 

など、様々な理由で、「実際とは異なること=ウソ」を子どもに教える。

 

ま、これも、子どもへの愛情の1つ、子どものためを思ってのことなので、責めるわけではなく。

 

ただ、子どもとしては、

親、先生というのは「すごく大きな存在」で、

親、先生は何でも知ってる!(そんなわけないw)

親、先生が言うことは「正しいこと」

と信じて、成長していく。

 

で、大きくなったときに、親、先生が

「実はな…

 

あの時、オマエに言ったアレは、、、

違いま~~す♪♪ ごめんちゃいm( __ __ )m」

 

とか

 

「あぁ~、あの時な。

あの時は、巨人が負けたから、イラついてただけで、実は、そこまでは言うつもりなかったんよ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

 

って言ってくれたらいいんですが、まぁ、言うてくれません(笑)

 

そもそも、親も自分が何て言ったかなんて全然覚えてません!!

コッチ(子どもの頃の自分)は、覚えてるのに・・・

 

ま、そんなモンです(^^;;

 

大きくなって生活してて

「あれ!?なんか違うぞ!?」

と思い、自分で解きほぐしていく人もいますが、

「おかしいのは自分のせい!努力が足りないから!?我慢したらいいの??」と自分を責めてしまう人も多い。

 

いやいや、最初の段階で違ってますから!!!

f:id:yyearpick:20161004124452j:plain

 

 

だから、大きくなったら、自分が今持ってる

・正しい

・こうするべき

・常識

・普通

について、

それ、ホンマ!?( ̄_ ̄ )。o0

と考え直して欲しいなぁ、と思います。

 

ここで!!

考え直して欲しい内容、勝手にツートップ!を発表。

 

 

第1位

「自分がされたらイヤなことは、人にしてはいけません!!」

 

特に、男の子が、友達をたたいたり

友達の悪口を言ったりして、

それを注意する時によく聞くフレーズ!

これは、

「自分が感じること=他人が感じること」という土台で成り立つ。

でも、同じ映画見ても、印象に残るシーンは違うし、自分と他人は全然違うのに~。

 

第2位 

努力すれば、報われる!努力することが大事!

これは、学校でよく使われるフレーズ。

少し大きくなって、「努力してもうまくいかないことがある」という事実に気づいたときは、言葉を少し変形したこのフレーズが使われる。(マンガにも出てくる)

「努力したら全員報われるわけじゃない。

でも、成功した人は全員努力している」

 

えぇ、昔、この言葉に乗せられて、やる気出そう!!と頑張ってたので、いいフレーズだと思いますが、

すべてにおいて、この言葉が使えるわけじゃない、時には諦めてやめちゃってもいい♪♪ってことも知っておいた方がいいなぁ、と思うわけです。

 

生活してる中で、何か

 

おかしいなぁ。

自分の考えが違うのかなぁ、

 

と思ったときは、自分の小さい頃に教わった「思い込み」をリニューアルするチャンス!!

1つずつ気づいて、「修正」したり「捨て」たりしていくと、楽になっていきます~♪♪

 

 

 

~・~・~・~~・~・~・~・~

LINE@はこちら。
配信だけじゃなく
LINEで直接話せるので、
感想や相談などもお気軽に~

http://line.me/ti/p/@lok1322x

(1クリックで登録・解除完了!)

~・~・~・~~・~・~・~・~