読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「わかった!」と「できた!」の間には《お試し》がある。

本業は塾の先生なので、

勉強を教えるのは得意です。

つまり、生徒さんに

・わかった!

・なるほど!

・そういうことか!

と言ってもらうのは得意(๑• ̀д•́ )✧+°

これなら学生バイトでもできること。

 

で、実は、この次が勝負!!

生徒さんが

本番のテストで点数を取ってくるか。

つまり、「できた!」になるには、

さらなる経験や信頼関係が必要。

 

どれだけ「いい返事」をしても、

・宿題してこない

・授業と同じ問題出てるのにテスト本番で解けてない

こんな生徒さんは日本全国に

ゴマンといます(-_-;;

 

だから、ウチでは、

生徒さんの

「わかった♡」

は一切信用してません!

 

・わかった!

・覚えた!

・大丈夫!

と言うなら、

解いてみて!

とすぐにテストされます。

わかったかどうかを

目の前で試される。

 

9割の生徒は、

最初のうちは

ボロボロです。

20問の英単語テストで、

 

 

 

3点

もよくある話。

 

でも、テスト本番じゃないので、

徐々に練習していけば、

「できる」ようになるんです。

 

 

「わかった!」の後に、【お試し】が来るのは、ビジネスも同じ。

 

セミナー聞いたり、

ブログ記事を読んで、

・人と比べない

・人と自分は別!

・怒ってるのは不安だから

・悪気のある人はいない

自分の価値と人からの評価は全く別!

とアタマでは分かったのに、

つい反応してしまう。

 

「自分の価値」について

詳しい内容は、こちら↓

一番下にもリンクしてます。

yearpick.hatenablog.com

 

ビジネスをしてても、人比べてしまって、

・人が集まってる

・満員御礼

・増席しました

・キャンセル待ち

が目に付き、

 

それに比べて、自分は、

募集しても

前回は0人

今回は1人

 

・・・

 

 

 

・・・・

 

 

 

。゚(゚´Д`゚)゚。

 

 

 


これも「わかった」の後の「お試し」です。

・人からの評価に振り回されてないか?

・人と比べて自分を責めてないか?

アタマでわかったことを、

現実として受け止められてるか、

を試されてるだけ。

 

最初は、英単語のように

20問中3点でOK!

ここで、

・だから、自分はダメなんだ

・実力が足りない

・準備が足りない

・アタマ悪いし、やってもムダ

と自分を責めたり、

 

うまくいってる人を見て

・なんでやねん

・あの人は「見せ方」がうまいから
(↑↑よく聞くナゾの理由。)

と、言い訳して、

不安から目を背けていると、

 

・登場人物

・場所

・状況

が変わって、また同じように

「お試し」の出来事がやってくる。

 


うまくいかない現実に出合った時は、

「試されてる~♪」

のサイン。

 

その数字でも、

・自分の価値を信じられるか

・人と自分は別!ってことを受け取れてるか

が、試されてるだけ。

 

ちょっと恥ずかしいけれど、

ちょっとダサいけれど、

さっさと受け取って

それが今の自分の結果!

と認めてしまって、

1つのデータにして

次に進む。

 


「わかった!」の後に《お試し》が来る。

これを知ってるだけで、

目標達成する確率は格段に上がりますよ~♪

 

質問・ご相談は

LINE@からどうぞ(^-^)/(無料)。

音声データもプレゼント中!

http://line.me/ti/p/@lok1322x
ID:@lok1322x

(1クリックで登録・解除完了!)

※音声データ詳細

http://yearpick.hatenablog.com/entry/2017/04/13/195420

 

参考記事

yearpick.hatenablog.com